ウチのナマモノ

ウチの生物(ナマモノ)達の記録です。 狼犬・ボルゾイ・甲斐犬・バーニーズマウンテンドッグ・イングリッシュコッカースパニエル・タイハクオウム・錦鯉に加えドールやぬいぐるみも! ディズニー、アンティーク好き。多趣味で楽しくやってます(#^^#)ぜひ楽しい気分になってね!

カテゴリ: アルバート・ロイヤル(バーニーズ)

FullSizeRender

「みなさん!おしゅてきませー!!」

おしゅてきませープリンセスリズ💗

みなさんハロウィンの準備はお済みですか?
我が家も百均の力を借りて
ハロウィン楽しんでます!


FullSizeRender


FullSizeRender

あれれ?
仁ちゃんがいっぱい???


FullSizeRender

IMG_2957

IMG_2958

FullSizeRender

「いやーん。おばけちゃん怖いわ〜!💦」

FullSizeRender


「皆さんもおばけちゃんに
おやつを取られないように気をつけて!」

それが一番怖いのね😂
食いしん坊だもんねー。


寒くなった来て床でヘソ天だったリズちゃんの就寝スタイルが、嬉しい添い寝に変わってきました。

FullSizeRender

「お母様💗」

朝起きてこんなん
ご褒美が過ぎる。
可愛い。たまらん。大好き。。。

柔らかくて温かいの。
泣けてくるよ。

貴女が娘でよかった。







素敵作家様にオーダーして1年ほど待っていた
アルバート君とリズちゃんのお皿が届きました!!!

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

お洒落!

あの時生きていたアルバート。
今はもう天使。

そばにいないのが半年経っても信じられないし
今も一緒に居るような心地で
謎の光が現れたり
誰も居ないのに尻尾の感触があったりと
不思議な現象も起こってます。
怖いとか、心霊体験とか、そんなジャンルじゃなくて
ただアルバートは成仏していてもそばに居てくれてる感じです。

ママはアルバートのレリーフを
目を閉じてなぞり、形を確かめていました。

アル君の形だよね。







先日、大阪長居公園に
チームラボのアートを見に行きました。

ここから友達撮影。

ママと私。

IMG_3005

IMG_3027

IMG_3028

IMG_3025

IMG_3024

IMG_3022

IMG_3021

IMG_3017

IMG_3010

キラキラの卵めちゃくちゃ良かったです!!!
楽しかった!!!

谷村直保

今日はとても寒かったですね!
5月ぞ?
今5月ぞ???
と天に確認しました。
来月に北海道に行くのですが
一体何を着たらいいのか
皆目見当がつきません😂


さてさて、
最近のおバジ様は?


IMG_8210

「くんくん」

花よりボール!!



IMG_8211


IMG_8212


IMG_8213

IMG_8214

IMG_8215

「ほら投げろ」

はいはい〜。
下僕は忙しいなぁ。笑


IMG_8216

う〜ん
大きくて美しい!!!

FullSizeRender

↓↓↓天気がいいから丸洗いされてた

IMG_8250

あ!
うさぎの妖精だ!!

FullSizeRender

「ぴょんこ!」

可愛い〜💗💗💗

FullSizeRender

ふさふさ尻尾。

クレマチスとボルゾイ。

FullSizeRender

花を背負っても引けを取らない男!
流石だよ!おバジさん!!!



今日は薔薇が開花し始めて
壁誘引2年目の薔薇も
いい感じに2色咲き始めました。

一年中世話してるから嬉しい!!

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_8323


おまけ。

母の日のプレゼントは
シンデレラのトリオにしました。

本当は誕生日に渡す予定だった品。
かぼちゃの馬車のスプーン付き。

FullSizeRender

丹精込めて作ってる薔薇を
しかもまだ蕾を、ダメだと言ったのに
ママが切ったりしたから喧嘩したりなどした笑


母の日は偶然アルバート君の
四十九日法要の日でした。

まだまだ寂しいし
とても会いたい。

あの笑顔がないなんて
信じられない気持ちだよ。

早く生まれ変わって
またここに来てね?アルちゃん。




2人でプールに行ったら母の日だからと
ママはカーネーション貰ってたよ。
良かったね😊


谷村直保

今はもうお空組の
ヨークシャーテリアのらんまるくんと
トイプードルのなちちゃんを描かせて頂きました。

らんちゃんは随分と前に天国に行った子で
私も何度も会いました。
とても賢くて良い子でした。
私が小型犬を好きになったきっかけです。

なちちゃんはそんならんちゃんの
後輩の女の子ですが
残念ながら最近犬の国に旅立ちました。

2人の姿はついになるように描かせて頂きました。

IMG_6893



IMG_6894


IMG_6895


飼い主さん、泣いて喜んでくださって
努力して表現した方向が合っていてほっとしました。
私の描いた絵で傷心中のオーナーさんを苦しめることがあってはならないので。

お空組のオーダーを受けることは多いですが
「本当にその子の魂かけてるかな?」と
自分の中で試行錯誤して、時に描き直しています。

オーダーありがとうございました。


※現在オーダーは受け付けておりません。
次回があればここで告知致しますのでよろしくお願いします。



ウチのアルバートのメモリアルオブジェを作りました。

ガラスドームと陶器のフレームに
アルバートの絵と3色の毛。

小さい方にアルバートの爪が入った
アンティークペンダントと
造花のお花を飾りました。

お洒落に出来て気に入ってます!


IMG_6897


IMG_6899


IMG_6898

IMG_6860


ママにプレゼントして
実家の玄関に飾られてます。

漆喰の壁によく合いますね。


IMG_6900


IMG_6902


IMG_6903


アルちゃん、お姉ちゃん寂しいけど
楽しく生きようと思うよ。

またアルちゃんみたいに
気を使わない、賢くて甘えたで
ベッタリできる子と暮らしたい。

転生したら会いに来てね!


谷村直保

友達からアルバートにとても可愛いお花を頂きました。

元気なアルバートらしいカラーです!

IMG_6655

瓶の中はアル君の毛。


IMG_6657

話も色々聞いてくれて
本当にありがとう。
いつも感謝してます。

とらたまさんからも
立派なお花を頂きました。


FullSizeRender

暖かな言葉にも感動です。
お気遣い痛み入ります。
とても優しい方です。

アルバートは本当に多くのお悔やみや応援を頂いて
愛されてたんだなぁ
って感謝しています。

とらたまさん、コメントくださった皆さん
心の中で応援してくださった皆様
ありがとうございます。


私の家のアルバート君祭壇。

IMG_6664


職場の祭壇

FullSizeRender


実家の祭壇

FullSizeRender


どこでもアルバート君とアクセス可能です。





実は今日、私は足の手術で
病院のそばのホテルに泊まってます。

今このブログはホテルでのんびり打ってます。


プリンセスリズは
ちゃんとお留守番できるかしら?

FullSizeRender

絶対余裕ね!

だっていつも実家に走って行って
おやつねだってるもの!😂

仁ちゃんが心配かなぁ私は。


この人は絶対大丈夫。


IMG_6670

おしりデカデカおバジちゃん!

私が居なくてもなんの悲しみも無さそうで
私が悲しい!!


今足はこんな感じ。


FullSizeRender


足の親指の爪を全部切除して
炎症を起こしてた肉も縫いました。

巻き爪になってた部分は根元から取ってしまってるけど
他の爪はまた生えてくるそうです。

一言言わせて…



これ、
麻酔めちゃくちゃ痛いぞ!!
死ぬほど痛いぞ!!!


先生も看護師さんも
「麻酔痛いからね」「悪いけど痛いで」
「泣かないでね」
ってめっちゃ言うの。
他の手術の人には言ってないの。

手術の内容や箇所によって当然麻酔は変わるし
私のは超痛いらしい。
自慢じゃないがチキンなんだ!
やめてくれー!!😱

足の裏とか足首とか、敏感な所を
針をグリグリ刺して異物入れられる
ビリビリくる痛さで、思わず声を上げたり動いたりしちゃう!!
ギャーっ!!!痛っ!!!!
ってなる!!

私は刺激に過敏な体質なので
手術中に痛くなってはいけないと
麻酔を増やしてくださったそうなのですが
私麻酔って、1箇所刺したらあとはもう痛くないと思ったら、
5箇所くらい全部痛いのな!!!!

涙目になってクッション抱いてた。


手術は全然痛くないし
短時間ですみ、歩きにくいけど歩けます。
ただ入る靴がないから恥ずかしかったよね。
サンダルとかも入んない。

先生、看護師さん、ありがとうございました。
痛くてちょっと泣きました。


明日は朝から消毒です。


でもコレ、まだ麻酔効いてる時に書いてるので
今から痛くなる確率100パーセント!

しばらく使い物にならない私です。


谷村直保


※この記事の最後に1枚だけ遺体の写真があります。また犬の死に関する記事です。苦手な方は閉じてください。



皆さんに、
とうとうこのご報告をする時が来ました。

IMG_6628


アルバートは昨日の夜11時
安楽死にて本当の天使になりました。

ここ2週間はたまに鰻やチクワを食べる程度で
殆ど食餌が取れず、別れの前日からは
食べ物を受付け無なくなりました。

それでも支えてやると庭でおしっこをして
(最後の日はもう出なかったけど)
庭の桜の木の下で寝るのが好きでした。

口からは腐敗臭がして
内蔵はボロボロ、肺も癌で息が荒いことが多く
笑顔の時間がある反面
いつ死んでもおかしくない、意識が朦朧とする時間が何度もありました。
想像を絶する苦痛だったと思います。

ママは超多忙な仕事をセーブして
そんなアルバートと1ヶ月一緒に眠り
夜中にいつも様態が悪くなる姿に眠れぬ日々を過ごしました。

リープの2年という介護期間と重症度に比べて
アルバートは全く手のかからない親孝行な子でした。
いつ亡くなるか分からないので
1人で死なせたくはなく、常に誰かがそばに居ました。

その事をアルバートは
「とても嬉しい」
と言っていました。

しかし人間にも疲れが出て
(特に眠っていない高齢の母)
何よりアルバートの苦しさも限界を迎えました。

私は前々から安楽死について提案していました。
今まで犬たちの壮絶な最後の姿と苦しみ、
そして結果的に孤独に死なせてしまうことの心の痛みを知っているからです。

犬は死にたがりません。
殺すのは人のエゴです。

しかし、犬は野生動物ではありません。
生きて欲しいからと苦しみを長引かせるのも人のエゴです。

どちらを選んでも正解で不正解。
後悔は残ります。

この決断は家族が全員納得しないと行えません。
私は誰よりもアルバートを愛する母に
この決断を託しました。
ただ、限界が近いことは伝えて
その時であるアドバイスはしました。

結果的にもうギリギリの時に
安楽なる死を選ぶことになり、
かかりつけの獣医さんが看護師さんと共に
診療時間後にわざわざ自宅まで来てくださいました。
とても優しい先生です。

アルバートは調子のいい時は笑顔です。
一見とても元気に見えて
治るんじゃないか?という幻覚をみます。
私はアルバートが死にかけている時の写真を撮っていません。
そんな気になれない。

だから皆さんの中には
「こんな元気そうな子を安楽死に?」
と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、アルバートは酸素マスクを口に当てて
横たわって苦しむ時間が多くあり
放っておけば肺がダメになって
呼吸ができず苦しんで亡くなったのです。
それを回避しただけでも
私は決断は正しかったと信じています。



最後の日のアルバート君。



FullSizeRender


強い座薬を使って痛みを緩和していました。



IMG_6591



IMG_6596


だいすきなママとお話。



FullSizeRender


トラちゃんやリズちゃんと
一緒の時間を過ごしました。
(バージルのことは大嫌い!)



FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


こんな可愛い子が
1時間後にこの世に居ないと思うと苦しかったです。


安楽死は血管に針を入れて
(もう中々血管が出ません)
全身麻酔をすることから始まります。

先生は直ぐに処置せず、
アルバートの様子を聞いて下さり
聴診器で今の状態を確認されました。

「苦しいね、」

と、優しく声をかけて撫でてくれました。

先生と看護師さんが処置の準備を始めると
もう辛くて顔もあげないアルバートが
不思議そうな顔をしました。
異変を感じたようでした。

私は直ぐにママにアルバートの前に移動するように言って、アル君は大好きなママの方を見ました。
私は辛かったけど、努めて優しく

「アル君は可愛いねぇ、偉いねぇ
大好きだよ」

と声をかけ続けました。

全員でアルバートを撫でました。

先生が「麻酔を入れます」とおっしゃい
アルバートは皆に優しく抱かれながら
3秒ほどで眠りにつきました。
もう意識は無くて心臓だけが動いています。

先生が

「今から心臓を止める薬を入れます」

と最後の確認をされて
皆が「お願いします」と答えました。

私はアルバートの心臓に手を置きました。
トクトクと動いています。

薬を入れて、ほんの僅かに体が揺れて
ふつと心音が切れました。


亡くなったんだ、

と思いました。

ほんの数十秒の出来事でした。

私達は馬鹿みたいに泣きました。
マスクが鼻水でぐちゃぐちゃになり
鼻をいっぱいかみました。

別れの時間は1ヶ月もあった。
いえ、余命宣告をされてから半年はあった。

それでも、信じられなくて
こんな呆気なく亡くなるなら
注射1本で何もかも治って生き返る気さえしました。


先に述べたように、この決断は
どんなに悲しくても間違いではないと思っているし、私も母も
痛みから解放され、苦しくない形で
しかも皆に褒められながら安心して天使になれたのは良かったと思うし
ほっとしている面もあります。

お別れには立ち会わなかったけど
送る前に弟たち1家も会いに来てくれましたし。

アルバート君は私とママが大好きで
他の人間もとっても好きで
フレンドリーでちょっぴりずる賢い
ベビーフェイスの貴族でナンバーワンホスト。
上目遣いのより目がチャーミングで
笑顔が最高の男の子!

世界一可愛いよ!!!
うちの子のなってくれてありがとう。



子犬のときはアレルギーが酷くて
水下痢ばかりで
真冬に1日17回散歩に行ったり
(便意で行きたがる)
絨毯の階段に下痢噴射されて
毎日のように掃除に明け暮れたり
超食いしん坊の異食症で
どれだけ注意してもボールやタオルや
時にボールペンまで食べてしまって
何度も手術になり、泣くほど心配するし
獣医さんにも叱られて。

お金も労力も凄くかかったけど
段々とそんな事もなくなって
アレルギーは奇跡的に治り
ここ数年は穏やかだったね。

手はかかったけど
アルちゃんは可愛いし頭いいから
憎らしかったことは1度もないよ。

また会いに来てね。

虹の橋でリープに会ったら
ちゃんと
「お姉ちゃんが会いたがってたよ」
って伝言伝えてね!


また会おうねアルちゃん。
ありがとう。








翌日…つまり今朝
冷たくなったアル君に会いに行って驚きました。

今までの犬は苦しんでも最後まで見守るスタイルだったので、死後は「遺体」という感じで
時にゾンビのようになっていたのに
アルバートはまるでぬいぐるみみたいに可愛くて
ただ眠ってるだけみたいでした。

体が朽ちるほど苦しむ前に送れたんだ。
それで良かったんだ。

と思えました。

とても可愛いアルバート。
起きるような気がして何時間も見ていました。




※以下遺体写真あります。






私が1枚だけ撮った
死後のアルバート。



FullSizeRender


とても可愛いでしょ?
眠ってる子犬みたい。


10年と8ヶ月、
バーニーズとしては
頑張ってくれたよね。

あっという間だったよ。


何度も言います。

ありがとう、アルちゃん。
またうちの子になってね。



最後になりましたが

ずっと応援してくれた皆様ありがとうございました。
TwitterやInstagramでも
多くの方からお悔やみを頂きました。
海外からの応援も多数ありました。

アルバートは本日火葬してお骨になりました。

宜しければ
可愛い笑顔を覚えたいてくださったら幸いです。


谷村直保

このページのトップヘ