ブログ引っ越してからお客さんが減っていたのですが
この頃、多くの方に見て頂けて嬉しいです!
ありがとうございます

誰に「同じような内容と写真」と言われようとも
日々少しずつ変わる子供たちの様子をお届けしたいと共に
私の溢れんばかりの想いをぶちまけたいと思います!!

特にこの男、
ロシアの貴公子として名高いボルゾイ犬
バージルロマノフ王子


FullSizeRender

のびーん。

腰が細いです。
足が長いです。

このように変なポーズを取り
セクシーコマンドーを使います。(知ってる?)

FullSizeRender

「おい、ボールを投げろ」


可愛い声で上から目線。
ボールマニアの大根です。
青首大根です。

私の推し動物
ミナミコアリクイとも似ていますね。

FullSizeRender

「僕が遊べって言ってるのに…」


FullSizeRender

「おい、下僕、聞いてるのか?」


可愛い目をしています。
甘納豆のようです。

FullSizeRender

「早く来いよ」


はい。仰せのままに。

いつも従ってしまいます笑

普段こんな感じのおバジ様だけど
とにかく美形で美しくてスタイル良くて、時々甘えん坊。
ツンデレ!!!!

友達もバージルを見てて何度も何度も
「ほんとうに美しい。足が長い」
と褒めたたえてくれて、私は謙遜して

「そうやろ?もっと言って」


と答えました。
本当は「世界一美しい動物」だと思っているのです。
あ。これ直接言った。

バジコーンという、ボルゾイとユニコーンを混ぜた生物の絵を
よく描いているのを知っている方は
私が「囚われている」事をご理解かと思います。

ボルゾイは本当に美しい。
白馬のようであり、それよりしなやかで
愛らしい丸い目は、時おり鋭く冴え
風を切るように走る


そしてよそ見して木にぶつかる。
…というお間抜けな一面も可愛い。(史実)

あと、盗み上等のいたずら小僧(小???)
でもありますね。

ドッグショーでも彼らが一番華やいで見えました。
バージルもそこを歩いていたのだと思えば不思議です。
すぐに引退して
今はよく、私の庭に落ちてます。

FullSizeRender

キリッ。

正直言うと、こんな感じじゃなくて
大体どろんと溶けた姿で庭でスライムになってます。

でもカーテン開けたらボルゾイが落ちてる庭って
最高じゃない???
って毎日感動する。

庭で馬飼ってるようなものだもの。

そして気づくんです。
ボルゾイなら何でもいいわけではなくて
私はバージルを神格化して崇めちゃうほど憧れてる!って。

「ボルゾイ教」という宗教勧誘マジであるのですが
私関わってませんので!!!
ほんとうです。信じてください。


これから私の家の近くで桜が見ごろになります。
(種類によって違うんだってね)
でもその大事な時期に雨と曇りの繰り返し…
桜と仁ちゃんを始め、ドールや他の犬とも撮影したかったのに
天気が悪い屋外なんてどうにもならなくて絶望してます。
お花見で賑わう場所じゃないから行けると思ってたのになぁ。

コロナもその恐ろしさが一般人にも生々しく届くようになってきましたね。
海外の悲痛な声も、他人事ではありません。
こんな時は自宅待機要請を受け入れ、落ち着いて買い占めなどをしない事です。

でも、想像力を忘れてはいけません。
大量に食料品を買っている人は、大家族で育ち盛りの子供がいるかもしれない。
病院で優先的に診てもらってる若い人は、目に見えない病気を持ってるかもしれない。
少し想像力と思いやりを持つことで、これからが変わるんじゃないかな?
って思います。
一緒に頑張っていきましょうね!!



おまけ。

今日食べたもの。

トマトとチーズのスープとパン。

FullSizeRender

が、狙われてた笑

FullSizeRender


いいお肉とナスとキャベツの甘辛炒め。

FullSizeRender

いいお肉うまーーーっ!!
もう少し冷凍してるからまた甘辛くしようかな?
キャベツは少し焦がすぐらいが甘い。

ママお肉ありがとう!!自分だとほんとうに買えない。

谷村直保