この頃毎晩、夜中や早朝に起こされてリープのおもらしを片付けます。
もう意識なくウンチが出るのが当たり前になりました。

昨夜も2時半頃臭いで起きました。
おもらしです。
直ぐに掃除をしましたが、最後の方の便が柔らかくてお尻が汚れています。
軟便用のサプリメント、「サイリウム」を多めに飲ませることである程度固まっていたのですが、それでも柔らかいことが増えてきました。



「夜中に起こさないで」



「寝てたのよ?」

いやいや、起こしたのリープちゃんだからね?



「知らないわ」

でしょうね笑

フラフラする頭で「よし!お風呂だ!」と気合を入れて立たせる。
立たせ、る??

え??

立てない。
何度促してもリープが立てない。

違うよね?寝起きだからだよね??
さすってやって、しっかり起きてるの確認して、体を持ち上げる。
ブランとした足。全く力が入らない。

10分ほど格闘しましたが、両足はぬいぐるみのように脱力していて、とても私ひとりで2階から1階のお風呂には連れていけませんでした。

仕方なく、ママを起こしに行きました。
今まで介護は私一人でしてきて、一切他の力を借りませんでしたが、初めて親を起こしました。
ママは犬の事で起こされても快く対応してくれます。

二人がかりで起こして、何とかお風呂場に連れていき、汚れたお尻を手で洗いました。
汚物や肛門を手で清めるのは気持の良いものではありません。でも
「リーちゃんスッキリするよ~。気持ちいいよ~。」
と声をかけるだけでお風呂タイムは楽しくなります。
不思議だよね。お世話できることが嬉しい。
入浴中も1回コケてしまったけど、自分の足で立ってくれました。
タオルドライしてまた2階に連れていきます。

帰る頃には自分の足で歩けるようになってました!
良かった!やっぱり一時的なものか。

このまま良くなったり悪くなったりを繰り返して
最終的に歩けなくなるのは経験でよく知ってます。
その段階が来たのが正直ショックでした。

お部屋に戻ってにゃんにゃんするリーちゃん。
か、可愛い~!!!





妻が美しくて、もう幸せでしかない!!
「可愛い!可愛い!!」言いながらシャッター切ってました笑

寝ようとしたら、リープ私のベッドの上まで乗ってきてゴロン。
その隣にリズちゃんもゴロン。
2匹の間、20センチほどの隙間に「ちょっと失礼しま~す」と体をねじ込みにやにや。
右手にリズ。
左手にリープ。
「ママ両手に華やわ。
親子水入らず、川の字やね。」
ってジーンとしました。

幸せなのに、なんだか聞こえ始めた死の足音を思い寝れなかったけど。

そろそろ私はリープと1階の和室で寝ようかな。
もちろん自分の部屋とベッドが好きだけど、リープをちゃんとお世話したいから。
様子を見て考えます。

おまけ。
ピンクなネイルしたよ!



爪がめちゃくちゃ薄くて弱いので、ジェルしてる方が良いと気づいてからはずっとしてます。
ただし、爪は伸ばしません。
動物達のお世話しにくくなるからね。

ミノル