「リープ何でもできるよ」


洗濯物片付け中の乱雑なリビングで
堂々とたたずむリープ・アルツさん。

リープはね、ドアを開けるのが得意なんです。

向う側に押すドアは、ノブを軽くくわえて
サッと開けます。

最近はアルバート君もドアにガリガリ飛びついて開けるようになってきました。




「余裕~♪」


軽やかなフォームです!!
優雅に1秒で開けます!!(パチパチ)

しかし、ドアは開けっぱなしなのでしっかりと閉めておきます(笑)





リープが凄いのはココから。

手前に引かなきゃ開けられないドアもスッと開けて入って来るのです。
これって犬に取ったらなかなか難しいんですよ!
ウチで出来るのはリープだけです。

その動作があまりに自然なので、いつも人が入って来たのだと勘違いしてしまいます。




「くわえて引くのよ」




「ほら簡単♪」


ちょっと、狼さん!
アチコチのドア開けっぱなしたら寒いじゃないのよ;

「閉める事」も覚えて欲しいけど、
彼女にとって必要ないので覚えません(笑)
開ける事は勝手に「見て覚えた」癖に。

ドアの仕組みを分かった上で開けてるのには感心します。
狼犬って他の犬とやっぱり違うなぁ・・・vvv

実はこの芸、とても実用的なのです。
自分がドアを開けたい時だけではなく
私が「開けて」と言った時にドアを開けるように教えてあります。

この間も届いたピザとコーラを持って両手がふさがっている時に、
いつも当たり前のように私の隣に居るリープに
「開けて」ってお願いすると、私の代わりにドアを開けてくれました!

(ちなみにリープはインターホン鳴っても私に付いて門まで行きます。離れないボディーガード♪)

手が不自由な時も開けてくれます。
正に介護犬!!!

私以外の人の「お願い」を聞くかは分からないですけど;
(その辺りが気まぐれ狼さん)




「このガラスのドアは開けられないのよね…」


お風呂のドアは開けれるよね~。
後、横にスライドするドアも手で隙間作ってから
鼻で「ガラガラッ」って開ける(笑)




「だってリープは自由だもん!」


どこでも好きな所に行きたいよね?(笑)

自由に生きたい野生の心が溢れているのだ(笑)




「ママのお手伝いもしてるから良いじゃない」


良いよ~vvv

ママにとってはリープが世界で一番賢くて、美しい存在だよ♪
君と一緒に居る事が幸せでならない///

(他にも1位の子がウジャウジャ居ますが、リープには内緒/笑)


玄関から靴を脱いで上がる時も
時にリープが支えになってくれます。

腰のあたりに手を置いて、ふら付かない様にもたれかかっても
お座りする事無く、立ったまま私を支えてくれます。

そういった事を自分で考えて、日常的にしてくれるのです。
ね?介護犬でしょ?(*^Ⅲ^*)

難点は散歩で暴走したら大変な事かな…;
万全の注意と、腕力が居るので
力の強い男性が居ないと大変です。
運が悪いと流血します。


…って、全然介護犬じゃねぇ!!(笑)


ミノル


↓この二つ、1日1クリック頂けると励みになります!!

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 犬ブログ 狼犬へ